[HOME]
高学年学生実験 (後期)

イオントラップ実験

実験の目的

イオントラップは 1989年ノーベル物理学賞 の対象テーマに選ばれました。 もともとは1953年にPaulによって考案され、 その後Dehmeltによって精密原子実験物理実験に用いられました。 現在は レーザー冷却技術 との併用で、 等に応用されています。 上記のようなイオントラップは主に原子捕獲を目的としています。 そこで柴田研究室では卒業研究の一テーマとして、目で確認出来る程度の大きさの微粒子を捕獲可能なイオントラップを開発してきました。 今回は柴田研究室で開発したイオントラップを利用し、学生が自ら装置を組み上げ、そのしくみを理解する事を目的としています。

実験用資料

その他資料

トラップの様子
トラップされたイオン(帯電した食塩水の様子)

トラップされた粒子の映像

Link