[HOME]
高学年学生実験 (前期)

「霧箱を用いた放射線の観測」

当研究室では大学3年生を対象にした学生実験(前期)において、 放射線計測実験「霧箱を用いた放射線の観測」を担当している。 放射線計測実験は全部で6つの課題からなり、 霧箱実験はそのうちはじめの2つの課題に対応する。 ほとんどの学生は放射線を取り扱った経験はなく、 放射線というものがどういうものか? とは資料などからの知識として知っているだけであろう。

そこで霧箱や硫化亜鉛シンチレーター等を利用し、 放射線を自分の目で観測し、 どういったものかを理解する事を目的とする。 霧箱中でのα線、β線による飛跡の様子から、 それぞれの放射線の性質を調べると同時に、 物質中でのエネルギー損失についての理解を深める。

学生実験資料

放射線による飛跡

霧箱中での α 線、β 線の飛跡の動画を載せておきます。 ファイルサイズが大きいので御注意ください。

霧箱等に関するリンク