2014/11/08 フェルミ国立加速器研でのドレル・ヤン実験 SeaQuest のビームタイム Run3 がスタートしました。
2014/11/05 学生実験イオントラップの記事が物理学会「大学の物理教育」誌に掲載されました。
2013/11/08 SeaQuest の本実験のビームタイムがスタートしました。
2013/01/14 FNAL SeaQuest 実験の collaboration meeting を2013年1月13 & 14日に東工大で行ないました。
2012/11/08 物理学リーダーシップの「国際研究集会企画演習」で "Quark-gluon Structure of the Nucleon"を東工大で開催しました。
2012/08/20 日本物理学会誌解説「陽子と中性子のスピン構造」(2012年11月号, 柴田)
2012/03/08 数年来準備をしてきた SeaQuest 実験のビームタイムがスタートしました (2012年3月8日)。 アメリカ・フェルミ国立加速器研での Drell-Yan 実験です。
2012/01/18  高エネルギー電子-陽電子衝突型実験によるクォークのハドロン化の研究 の解説ページを掲載しました。
2011/10/17  KEK-Belle II の セントラル・ドリフト・チェンバー のSPring-8 におけるテストに参加しました(小林)。
2011/09/20  物理学会(弘前:9月16-19日)でシンポジウム「核子構造の3次元的な理解に向けて ー反クォーク・軌道角運動量・グルーオンの役割ー」を開催しました。 講演の一覧及びスライドを掲載しました
2011/08/31  2011年度の科学実験教室は2011年11月20日(日)と2012年1月29日(日) に行います。テーマは放射線の物理、です。
2011/08/29  2011年10月22, 23日の工大祭で研究室公開を行います。 テーマは「素粒子物理の測定器大公開!」。
2011/07/21  PHENIXのジェットの測定による陽子スピン構造の実験結果を発表しました (Phys. Rev. D 84, 012006)。
2011/07/01  大学院生が編集に主要な役割を果たして、ポッフら著、柴田訳「素粒子・原子核物理入門 改訂新版」 を発行しました。
2011/03/14  柴田教授が東工大教育賞優秀賞を受賞しました。
2011/01/26  Belle実験のクォークからハドロンへのフラグメンテーションについて国際会議で発表をしました(小林)。
2010/01/29  大型のドリフト・チェンバー を製作中です。2010年にアメリカ・フェルミ国立加速器研へ 持って行ってドレル・ヤン実験を開始します。
2010/01/21  第32回科学実験教室を2010年3月14日(日)に 東工大130年周年記念事業の一環として開催します。
2009/12/01  10月のハワイの日米合同物理学会におけるワークショップの 講演スライド を掲載しました。
2006/12/19  宮地義之助手が第1回日本物理学会若手奨励賞(実験核物理領域) の受賞者に決定しました。 「陽子のスピン構造」の研究が評価の対象となりました。
2006/06/18  「目で見えるほど大きな粒子のイオントラップ装置」が学研科学大賞伊藤忠商事賞に選ばれました。
2006/04/18  柴田利明教授が科学技術賞(文部科学大臣表彰、理解増進部門)を受賞。 多摩六都科学館における科学実験教室などの活動に対する受賞。
2006/03/18  柴田研究室が多摩六都科学館表彰を受賞しました。
2006/02/16  第5回環太平洋シンポジウム「高エネルギースピン物理」 (2005年7月、東工大)の報告が CERN Courier 2006年2月号に掲載されました。
2006/02/13  田中秀和さん(2005年3月博士課程修了)が、 博士論文で物理学会の新人賞(原子核談話会新人賞)を受賞しました。 3月末の物理学会で受賞記念講演をします。 手島記念研究賞博士論文賞も受賞しました。 博士論文は、HERMESによる陽子のスピン構造の研究です。
2005/09/28  Mini-symposium "Orbital Motion of Quarks in Hard Scattering" , September 21st and 22nd, at Hawaii
2005/08/21  HERMES analysis week at Tokyo Tech, Nov. 7-11, 2005.
2005/05/17  The member pages was updated.
2005/04/16  テレビ番組 ニッポンNavi 「科学技術創造立国」 で科学実験教室への取り組みが紹介されました。
2005/03/10  The 5th Circum-Pan-Pacific Symposium on High Energy Spin Physics (July 5-8, 2005, Tokyo Tech)
7月5〜8日に東工大でおこなわれる 「 環太平洋高エネルギースピン物理国際会議」 の案内を掲載しました。
2005/02/24  New Master and Ph. D theses.
2004/08/04  "Strange Spin in Neutrino Scattering" working group homepage becomes available.
2004/03/31   Add slide for NuInt04
2004/03/08   Add bachelor and master theses and presentation for H15.